胡蝶蘭の相場まとめ【シチュエーション別に使える】

胡蝶蘭の相場はシチュエーションによって異なります。

胡蝶蘭は高級なイメージがあるので小さなイベントや身近な人に贈ると大げさな感じがしますし、逆に大きなイベントで小さな胡蝶蘭を贈ると相対的にチープな感じがして見劣りしてしまいます。

胡蝶蘭を選ぶときは、周りの状況とイベントの大きさを考慮すると相場の大きさ、値段が見えてきます。以下の表に主な3つのイベントでの胡蝶蘭の相場をまとめています。

イベント 種類
昇進祝い ミディ3本立て 15,000円
上場祝い 大輪5本立て 30,000円
一般へのお祝い 大輪3本立て 20,000円

昇進祝いに贈りたい胡蝶蘭の相場は?

昇進祝いの胡蝶蘭の相場価格は?

昇進祝いの胡蝶蘭の相場価格は15000円前後です。

昇進祝いは、友人や知人に対して贈ることが多いです。したがってあまり高価すぎるものは送る必要はなく、胡蝶蘭の中でもお手頃なものが好まれます。

15000円くらいの胡蝶蘭だと、中くらいの大きさの花を持つミディの胡蝶蘭が最も一般的です。大輪の良く見る大きな胡蝶蘭はどうしても値段が張ってしまうし、ちょっと大げさな雰囲気もあるようです。

したがって、15000円くらいのミディの胡蝶蘭を選べば問題なく喜ばれるでしょう。

昇進祝いの胡蝶蘭の相場の本数は?

昇進祝いに最もおすすめな胡蝶蘭の本数は3本です。

胡蝶蘭は本数別に売られていて、大輪でもミディでも胡蝶蘭の本数を選ぶことができます。一番お手頃は1本から、高価なものは7本まで売られています。

胡蝶蘭は花そのものに存在感があるので、本数を多くすればするほど驚くような華やかさを放ちます。思い切って花の本数を増やすと一気に大げさ感が出てしまうので、思いっきりお祝いするのではなくさりげないプレゼントして贈りたいのであれば3本がベストかなと思います。

昇進祝いの胡蝶蘭のおすすめのカラーは?

昇進祝いにおすすめの胡蝶蘭のカラーはホワイトです。

ホワイトの胡蝶蘭は昔から一般的な色として馴染みのある色で、たくさんのカラーバリエーションが登場する中、いまだに最も人気の高い胡蝶蘭のカラーです。

ホワイトには純粋の意味が込められていて、昇進してからも今まで通りひたむきに仕事に向き合ってもらいたいという気持ちを込めてホワイトの胡蝶蘭がピッタリです。

昇進祝いにおすすめな胡蝶蘭

白ミディ3本立て

以上を踏まえて、昇進祝いにおすすめな胡蝶蘭の種類はホワイトのミディ3本立てです。

ミディの胡蝶蘭は小さく手に持てるサイズで、家の玄関に飾ったり引っ越しの時もすぐに持ち運べるお手軽さがあります

結衣
店長は昇進祝いに胡蝶蘭を貰ったことがあるんですか?
小野
もちろん!
サプライズで貰った時は特別な気持ちになる師、あとから見返しても良い思い出になるよ。胡蝶蘭は長持ちするから家でも良いインテリアになるよ。

上場祝いに贈りたい胡蝶蘭の相場は?

上場祝いの胡蝶蘭の相場価格は?

上場祝いの胡蝶蘭の相場価格は30000円ほどです。

上場祝いはイベントとして上場祝いの式を開く企業がほとんどです。胡蝶蘭を贈る時は上場日にあわせるか、その式の日に合わせるかを選びます。

この時に日付を間違えると大変失礼に値するので、必ず確認するようにしましょう。

上場祝いの式では胡蝶蘭が最も一般的な贈りもので、その数が企業の信頼度にもつながるほど大きな役割を持ちます。

したがってこの場で小さな胡蝶蘭を贈ってしまうと、自分たちの企業の小ささを表してしまうほか、飾らなければいけない企業の恥にもつながるのでなるべく大きな胡蝶蘭を選びましょう。

3万円あれば大倫5本立ての胡蝶蘭が買えるので、立派な胡蝶蘭を贈りましょう。

上場祝いの胡蝶蘭の相場の本数は?

上場祝いの胡蝶蘭の相場の本数は5本または7本です。最も一般的なのは5本立ての胡蝶蘭ですが、7本立ての胡蝶蘭はかなり立派なものなので、送り主を誇張しすぎてしまう可能性があって場面によるとしか言いようがありません。

多くの企業の場合は5本立ての胡蝶蘭を選んでおけば無難です。

上場祝いの胡蝶蘭のおすすめのカラーは?

上場祝いの胡蝶蘭でもホワイトが一番おすすめです。

ホワイトの胡蝶蘭は最もオーソドックスで、ビジネスシーンであればホワイトを選んでおけば特に問題になることはないです。

上場祝いには多くの企業から胡蝶蘭が送られてくるので、ほとんどの企業がホワイトを選ぶ中でちょっと気の利いた色を贈ると胡蝶蘭が目立ちその送り主も覚えられやすい可能性があります。

上場祝いにおすすめな胡蝶蘭

大輪ホワイト5本立て

以上を踏まえて、上場祝いにおすすめな胡蝶蘭はホワイトの大輪5本立てです。

胡蝶蘭は鉢に根付くので、根強い企業になるという縁起の良さがあります。また、胡蝶蘭に付けるメッセージには、「祝 上場」など上場をお祝いする一言を添えるようにしましょう

ちょっと値段は高くなりますが、ハイグレードの胡蝶蘭大輪5本立ては人気があります。

その他一般的な付き合い相手へ胡蝶蘭の相場は?

一般的な胡蝶蘭の相場価格は?

一般的な胡蝶蘭の相場価格は20000円です。

胡蝶蘭は高級なイメージが強く、あまり親睦の深くない相手から急に贈られると遠慮してしまうところもあります。

もし自分と相手の企業の大きさを考えるなら、1万円ほどのミディのサイズでも大丈夫です。

ただし20000円くらいの胡蝶蘭はぎりぎり高級な体裁が保てるレベルで、見た目もそれほど誇張しすぎない良さがあります。

一般的な相場の本数は?

一般に贈る胡蝶蘭は3本立てがベストです。

胡蝶蘭の花の質を良くしようとすると、1本立てで20000円くらいの胡蝶蘭を探すことはできるのですが、1本立ての胡蝶蘭はきれいだけどどこか物足りなく感じることもあって、お祝いしたいときに贈るのであればサイズ感のある3本立て、5本立ての胡蝶蘭を選んだ方が無難に気持ちが伝わります。

攫い相手からの返礼を考慮すると、返礼に困らない程度の金額に収めるのも一つのテクニックです。

一般的なおすすめのカラーは?

一般におすすめのカラーはホワイトです。

ホワイトの胡蝶蘭は先ほどまで紹介したようにオーソドックスで、誰に対して贈っても失礼に当たることがありません。

それほど親睦のない人に対してピンクやパープルのように攻めた色を選んでしまうと、裏の意図を深読みされて逆効果になる可能性があります。

一般の企業に胡蝶蘭を贈るなら、まずはオーソドックスにのっとって相手の気持ちを解きほぐすところから始めましょう。

一般的なおすすめな胡蝶蘭

大輪ホワイト3本立て

一般的な胡蝶蘭はホワイトの大輪3本立てです。

3本立ての胡蝶蘭は見た目も良くて小さすぎず大きすぎず、オーソドックスの胡蝶蘭です。

最も失敗や深読みにつながりにくいオーソドックスな胡蝶蘭を選ぶことがおすすめなのでこちらの胡蝶蘭を候補に挙げていますが、もし特別な意味を込めたいのであればラッピングの色を変えてちょっとおしゃれにしてみるのもアリですね。ただしその時は色の意味をしっかりと調べてからにしましょう。

胡蝶蘭の本数による相場価格のまとめ

この記事では、胡蝶蘭を贈る時の相場について3つの例を参考に紹介しました。

胡蝶蘭は高級なプレゼントの象徴とされていますが、贈る相手によって金額本数をしっかりと考慮する必要があります。

みなさんも是非、胡蝶蘭を最大限活用して相手に喜ばれるプレゼントを選んでくださいね。

なお、オススメの胡蝶蘭ショップは『お祝いで贈る胡蝶蘭の解説とおすすめネットショップの比較』で紹介しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です