胡蝶蘭を贈る時のマナー

胡蝶蘭は縁起の良い花としてお祝いによく使われますが、そのプレゼント方法にもマナーがあることをご存知でしたか?

この記事では、胡蝶蘭の一般的な贈り方のマナーから、ちょっと得するマナーの裏技まで紹介しています。

胡蝶蘭を贈る時のマナー

失礼のない胡蝶蘭の選び方

まずは胡蝶蘭の選び方からおさらいしましょう。

胡蝶蘭は縁起の塊で、演技化次の胡蝶蘭を贈るからには細かなところまで気を配って縁起の良さをアピールしましょう。

 

胡蝶蘭が縁起物とされている理由はその花の美しさだけではなく、長持ちするためです。

胡蝶蘭の花は2~3か月持つため、相手の末永い繁栄を願うことにつながります。きれいな花をずっと飾っていられるので雰囲気も華やかにしてくれますね。

 

胡蝶蘭は一般的に、1本立て、3本立て、5本立て、7本立てで売られています。何気ない売られ方に見えますが、この本数に縁起を尊重する心遣いが隠されているのです。

 

これは胡蝶蘭に限ったことではなく一般的なお祝い事のマナーなのですが、「偶数を贈らない」ことに注意しましょう。偶数は「割り切れる」ので、分裂や対立をイメージさせます

小野
細かいことに思えるかもしれないが、これが相手への配慮なんだな。他のイベントでもこのようなマナーは使えるから覚えておいた方がいいぞ
結衣
そういえば友達の結婚式でも金額が奇数になるように調整することがありますよね。これも結婚する2人が別れないように配慮しているそうですね。
小野
その通り!
一般的にはお祝い事には奇数が好まれることを覚えておきましょう。相手が2人いるから1本立てを2本買って合わせて送るなんて、やったらだめですよ。その場合でも2人に1本を贈るか、3本5本のような大きなものを贈っても良いでしょう。

胡蝶蘭のラッピングにマナーはある?

お花屋さんで胡蝶蘭を買うと、ラッピングの色を聞かれます。

ラッピングとは胡蝶蘭の足元に巻き付ける装飾のことで、胡蝶蘭の色に合わせて好きな色を選べます。

 

基本的にマナーは無く、相手が好きな色を選ぶのが一番好ましいとされていますが、お祝い事で「赤」のイメージは悪いです。赤は火事を連想させ、相手のお店が燃えることを連想させるからです。

ただしこれは人によって感じ方が変わるそうなので、もし赤色が相手にとって特別な意味を持つ場合は使っても大丈夫そうです。

もしわからない場合や、そこまで親しくない場合は赤色は避けたほうが賢明です。

胡蝶蘭を贈り届けるときのマナー

では、胡蝶蘭を相手に送り届けるときのマナーについてです。

胡蝶蘭は送れば何でもいいわけではなく、贈る日付にもちょっとした意味を込めることがあります。

 

結論から言うと、胡蝶蘭を届けるときはイベントの前日までに贈るのがベターだと言われています。

胡蝶蘭は場所を取るので前に贈りすぎても置き場所に困ってしまいますし、イベント中に贈っても運ぶのに手間がかかってしまいます。

 

さらに暦の「仏滅」は何もせずにやり過ごすことが吉とされるので、仏滅の日に胡蝶蘭を届けるのは遠慮したほうが良いでしょう。

また、当日にお祝いしたいときは当日に手渡しするのは全然大丈夫ですし、イベントが午後からなら当日の朝に届けるのも大丈夫そうです。

胡蝶蘭を贈った後のマナー

胡蝶蘭は送って終わりではありません。胡蝶蘭を受け取った相手は、必ずと言っていいほどお返しをしてくれるでしょう。

胡蝶蘭を贈った後は、なるべく自分でもその胡蝶蘭の特徴を覚えておいて、相手からのお礼の言葉に共感できるようにしておくとベストです。

 

さらに、胡蝶蘭を初めて受け取った人の場合は、お手入れや処理方法を聞かれる可能性があるので自分でも念のため調べておきましょう。

胡蝶蘭を贈る時にちょっと得する方法

目立つようなメッセージカードを付ける

胡蝶蘭を贈る時は、必ずメッセージカードを付けます。メッセージカードはお花屋さんのテンプレに合わせたメッセージカード時から自分でオリジナルカードを作ることまでできます。

 

マナー的にはどちらがいいとも言えないのですが、ビジネスシーンではなるべく方に沿ったテンプレ物が良いかもしれません。

もちろん、自社の名前はわかりやすく記載しておくと相手にも認識してもらいやすいし、来場者へのアピールにもなるのでちょっとオトクなテクニックです。

 

大切な友人の場合、名前を入れることはもちろんですがそれよりも文章の内容にこだわってみましょう。テンプレを使わず、自分でメッセージを手書きすると更にプレゼント感がアップしますよ。

高すぎる胡蝶蘭はNG

気持ちが入ったプレゼントを考えるとどうしても値段が張ってしまいますが、胡蝶蘭の場合はあまり高いものを選ばないのが一般的です。

ビジネスの胡蝶蘭であれば、2~3万円の大輪5本立てを選ぶのが多いです。

 

胡蝶蘭は知名度に加えて見た目のはなやかさから、値段以上に相手に感動を与えてくれますし存在感もあります。もし10万円を超える大きな胡蝶蘭を贈ると相手は逆に気を遣ってしまってお礼に困ることがあります。

10万円の胡蝶蘭はよほど特別なイベントの時、あとはホステスやホストにプレゼントをする人がいるくらいだそうです。

小野
ホステス・ホストは高級志向が多いから、胡蝶蘭を選ぶときも高級なものを選ぶと好感度が上がるよ
結衣
胡蝶蘭はキレイで存在感があるから、キャバ嬢やホステスへのプレゼントとしては人気が高いわ

キャバ嬢・ホステスに気に入られる胡蝶蘭の贈り方【値段と花にこだわる】

2019.04.09

ホストの誕生日に胡蝶蘭を贈る

2019.04.08

胡蝶蘭を喜んで受け取ってもらうための3つの方法

胡蝶蘭を受け取った相手の行動を考える

胡蝶蘭の選び方では奇数の本数を贈ることに注目しましたが、実はマナーを考えるともっと気遣うことがあります。

胡蝶蘭は大きな花が特徴的で、全体的に花が占めるスペースも広くなりがちです。

 

企業によっては店舗の大きさが小さかったり、大体的に飾ることができなかったりするので、できれば相手がどんな場所イベント開催するのか調べておいて、自分の胡蝶蘭だけでなく他の人が同じものを贈った場合に2つとも同じように飾ることができるかどうかを考えてあげると良心的ですね。

もしスペースが小さい場合は、ミディの胡蝶蘭が人気でこれはオフィスの玄関にちょこんと置けるサイズで、同じく人気の高い胡蝶蘭です。

白ミディ3本立て

最も重要なのは相手が好む胡蝶蘭を選ぶこと

胡蝶蘭の選び方はたくさんの縁起やマナーが定められていますが、最も大事なのは自分から相手に届ける気持ちだということを忘れてはいけません。

胡蝶蘭にはホワイト、ピンク、パープルがメインの色でどの色を選ぶかはそれぞれの花言葉や相手が好きそうな色にするのが良い選択ですし、先ほど紹介したラッピングの赤も気にする人なんて今ではほとんどいないと思います。

一番目に見えて気持ちが表れるのはメッセージカードですが、そのほかにも胡蝶蘭は気持ちを込める部分がたくさんあって、あなたが気持ちを込めて選んだ胡蝶蘭はきっと相手を感動させてくれるでしょう

胡蝶蘭のマナーまとめ

この記事では胡蝶蘭のマナーについてまとめました。胡蝶蘭は身近な人のお祝いからビジネスシーンでのお祝いまで幅広く使われるお祝いの定番花です。

 

胡蝶蘭で気を付けるべきマナーはそのシーンに合わせて様々で、先ほど書いたようにマナーよりも気持ちを優先させた方がいい場合もあれば、ビジネスシーンのように型通りに贈ったほうが無難な場合もあります。

 

胡蝶蘭のマナーは種類が多くて難しい部分もありますが、ぜひできる範囲で心がけて実戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です